平成30年富士山開山

スライドショー

スライドショーには JavaScript が必要です。

開山セレモニーに先駆け、お茶まつりがふれあい広場で行われました。
それまで雲に隠れていた富士山が、この頃から徐々に姿を現しました。

英国大使をお茶でもてなし、登山バスを迎えに第二鳥居に移動。
登山者を迎えてセレモニーが行われ、次に大宮小児童が歓迎の小旗を振る中を浅間大社拝殿に向かいます。

拝殿で開山祭が行われていましたが、次の村山浅間神社に移動しました。

杉の巨木には真新しい注連縄が巻かれ、水垢離会場はすでに場所取りされていました。
やむなく離れた所から林越しに撮影。
護摩焚きは、良い場所に入れましたので、じっくりと撮影できました。

ふれあい広場での午後8時からの手筒花火を撮りに出かけると、以前と違う場所に規制のロープが張られています。消防職員に尋ねた所、昨年も同じ規制が行われていたとの事。
前回撮影は27年でしたが、それ以降規制により広場内には入れなくなったようです。
川越しに狙うカメラが登山道側に並びますが、広場西入口の規制ロープの下に陣取り開始を待ちました。

写真一覧

動画

護摩焚き

スマホ撮影

手筒花火

デジタル一眼レフ使用

富士山頂10日目の絶景

平成28年は申年小縁年で、平年より御利益があるとされる年でした。
おまけにこの年は東日本大震災と、西臼塚を震源とする地震で傷んでいた奥宮の修復工事が竣工した年でした。
新たに建てられた奥宮の撮影と、山頂のさまざまな物や風景を撮影しました。
3回の登山で合計10日間滞在したのですが、天候が思うにまかせず月明かりや星空はなかなか撮る事が出来ませんでした。
いよいよ下山するという日の前夜は、満月でしたが雷鳴が鳴り響きあきらめて早く休みました。
深夜(翌未明)目が覚め外を覗くと、皎々と月明かりが照らし空は晴れ渡っています。
撮影機材を持って飛び出しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

見下ろせば、登り始めた登山者の灯りはまだ遠く見えます。
月明かりで、山頂の風景もよく見えます。
月夜とは言え、夏空には冬の星座オリオンも見えていました。
駿河湾を望めば、沈みかけた満月が海面を照らし、富士の街灯りが遠く見えます。
山頂三島ヶ岳から東を見やれば、右に沼津方面の街灯りが見え、左には白み始めた空が見えます。
白み始めた空に徐々に紅味がさしてきます。
振り返れば満月は徐々に地平に近づき、剣が峰に朝日が当たり始めました。
朝日岳の稜線に、御来光を待つ登山者が並びます。
山肌を赤く染めて、雲海から御来光が差しました。

==関連リンク==

富士登山と囃子奉納

富士山頂滞在記(目次)

登り来る灯り

平成29年9月5日未明、富士山頂久須志神社より登山者の灯火を見る。
9月とは言え登山者は多く、登山者の灯りが光跡を描きました。

タイルモザイク

浅間大社流鏑馬祭と古式流鏑馬

本乗り第五騎
古式流鏑馬本乗り

富士山本宮浅間大社流鏑馬祭は毎年5月5日に行われます。午前9時より拝殿に於いて流鏑馬祭が行われ、古式流鏑馬射手が弓矢を授かります。次いで馬場で御子乗りが行われ、射手代官が馬場入りします。楼門前に諸役が着座した後馬改めが行われ、射手次第書が読まれた後、射手代官により上げ状が読まれ、権宮司の問いに射手代官が答えます。
そして行いが行われます。口取りに引かれ馬と射手が神官前に進み、拝礼した後に弓弦を改め、弓に矢をつがえて天を差して馬を回し、地を差して馬を回します。次に左前と後ろ、右前と後ろの地を差し、次に的に狙いを付けて戻し、これを2回繰り返します。3度目に的を射て拝礼し退場。
次に行われるのが本乗りです。正射手5騎が的を射て馬を疾駆させます。次に弓を置いて、馬場を2往復馬を疾駆させます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

古式流鏑馬は富士宮市の無形民俗文化財に指定され、浅間大社流鏑馬保存会により伝承保存されています。

関連リンク
浅間大社流鏑馬祭と古式流鏑馬 Facebookにアップしたアルバムです。
富士山本宮浅間大社 全国に1300社ある浅間神社の総本宮。富士山の八合目以上を境内地として所有しています。

花と富士山 狩宿4月8日

平成30年4月8日、富士宮市北部の桜が見頃でした。

狩宿

狩宿の下馬桜は、富士の巻き狩りの折に源頼朝が馬を繋いだと言われる桜の古木で、日本五大桜の一つ。山桜で、花は白く同時に延びる葉芽は赤い。

狩宿の下馬桜と富士山
狩宿の下馬桜と富士山

[intergeo id=”yMzM”][/intergeo]

新たなブログを始めます

ダルマフジの写真

ダルマフジの写真
新たなブログを、新たなドメインで始めます。
試行錯誤を繰り返し、ある程度形が見えてきたところでアナウンスするつもり。
使い勝手がわかるまで、当分はじたばたしています。
写真による郷土紹介と、業務の紹介を主体に運用してゆくつもりです。