富士山頂10日目の絶景

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年は申年小縁年で、平年より御利益があるとされる年でした。
おまけにこの年は東日本大震災と、西臼塚を震源とする地震で傷んでいた奥宮の修復工事が竣工した年でした。
新たに建てられた奥宮の撮影と、山頂のさまざまな物や風景を撮影しました。
3回の登山で合計10日間滞在したのですが、天候が思うにまかせず月明かりや星空はなかなか撮る事が出来ませんでした。
いよいよ下山するという日の前夜は、満月でしたが雷鳴が鳴り響きあきらめて早く休みました。
深夜(翌未明)目が覚め外を覗くと、皎々と月明かりが照らし空は晴れ渡っています。
撮影機材を持って飛び出しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

見下ろせば、登り始めた登山者の灯りはまだ遠く見えます。
月明かりで、山頂の風景もよく見えます。
月夜とは言え、夏空には冬の星座オリオンも見えていました。
駿河湾を望めば、沈みかけた満月が海面を照らし、富士の街灯りが遠く見えます。
山頂三島ヶ岳から東を見やれば、右に沼津方面の街灯りが見え、左には白み始めた空が見えます。
白み始めた空に徐々に紅味がさしてきます。
振り返れば満月は徐々に地平に近づき、剣が峰に朝日が当たり始めました。
朝日岳の稜線に、御来光を待つ登山者が並びます。
山肌を赤く染めて、雲海から御来光が差しました。

==関連リンク==

富士登山と囃子奉納

富士山頂滞在記(目次)

スポンサーリンク
スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー




コメント

  1. […] 富士山頂10日目の絶景 […]