平成30年富士山開山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライドショー

スライドショーには JavaScript が必要です。

開山セレモニーに先駆け、お茶まつりがふれあい広場で行われました。
それまで雲に隠れていた富士山が、この頃から徐々に姿を現しました。

英国大使をお茶でもてなし、登山バスを迎えに第二鳥居に移動。
登山者を迎えてセレモニーが行われ、次に大宮小児童が歓迎の小旗を振る中を浅間大社拝殿に向かいます。

拝殿で開山祭が行われていましたが、次の村山浅間神社に移動しました。

杉の巨木には真新しい注連縄が巻かれ、水垢離会場はすでに場所取りされていました。
やむなく離れた所から林越しに撮影。
護摩焚きは、良い場所に入れましたので、じっくりと撮影できました。

ふれあい広場での午後8時からの手筒花火を撮りに出かけると、以前と違う場所に規制のロープが張られています。消防職員に尋ねた所、昨年も同じ規制が行われていたとの事。
前回撮影は27年でしたが、それ以降規制により広場内には入れなくなったようです。
川越しに狙うカメラが登山道側に並びますが、広場西入口の規制ロープの下に陣取り開始を待ちました。

写真一覧

動画

護摩焚き

スマホ撮影

手筒花火

デジタル一眼レフ使用

スポンサーリンク
スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー