富士山の白虹(霧虹)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年8月21日朝、頂上と九合五勺間で見た白い虹です。
白とは言っても淡い虹色のスペクトルも薄らと見えていました。

水滴が雨粒ほどなら虹になり、霧のように小さければ白い虹になるのだそうです。

また白虹という言葉には次の意味もあるそうです。

(かさ)の別名。
月虹(げっこう)の別名。

虹色も少し見えるのは粒が中間の大きさ、あるいは大小混じりだったから?

参考

長野で白い虹!? 青空に映える白虹出現 ウェザーニュースより

スポンサーリンク
スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー